社員研修の意味

社員研修で企業力アップ

様々な企業で定期的に行われている社員研修ですが、研修を行なう事でどのような効果が期待できるのでしょうか。研修を行う事で期待できるメリットは主に3つ挙げられます。1つ目は個人レベルの変化で、これはマ…

詳しくはこちら »

社員を育てる社員研修

社員研修では業務に必要なスキルを教える前に、まずは組織の一員としての責任を自覚させることが重要です。受講者が若年層であればあるほど、その重要性は増します。会社という組織の中では、若手社員を含め、上…

詳しくはこちら »

社員研修で社員を更新させる

優秀な人材を集めるには新卒採用に力を入れたり、積極的に中途採用を実施したりなど行う必要があります。ただ、採用後のフォローもしっかりと行うことが大事です。日々の業務をこなす中で成長は可能ですが、他に…

詳しくはこちら »

意味のある社員研修

社員と会社の将来

社員研修は社員に様々なノウハウを伝えて成長を促すものなので、明日から実践できるような実用的な話が多くなります。時間も限られていますが、その中で将来に関する話も必要です。遠い未来の目標を設定して…

詳しくはこちら »

社員が会社をつくる

社員研修を行うことで、社員の早期離職を防げる可能性が高まります。何もわからない状態で働き始めるよりも、一つ一つステップアップしていくことで仕事に対する理解も深まり、最初に挫折をして諦めることが少な…

詳しくはこちら »

社員研修は代行業者に任せるのが合理的

社員研修とは新入社員や管理職になった社員への教育を行うためのプログラムで、近年は合理化をはかるため専門の教育を代行する業者に任せる企業が増えています。

任せられる後輩

組織で働くということは?

社員研修を通して、仕事を任せられる後輩を育成するには、最初に組織で働くことのメリットを理解させるとよいでしょう。企業というのは、複数の社員から成り立っています。それぞれに違った個性や能力を持った社員が集まっています。その個性や能力が上手く合わさったときに、人数分以上の良い結果がもたらされるのです。ひとりの社員が身につけているスキルが微々たるものでも、たくさんのスキルが集まれば、プロジェクトをダイナミックに展開していくこともできます。その醍醐味を味わえるのは、組織に所属していればこそなのです。そのため社員研修では、一人ひとりの受講者が組織の一端を担っているという自覚を持たせることが重要だといえます。

好循環を生むためには?

「自分はこの組織の一員なのだ」という自覚を持たせることで、受講者は組織と自分の仕事に対する責任感が生まれ、日々の業務に対する意識が向上します。意識が向上すれば、それに比例して働く楽しさも増していき、仕事のクオリティも上がっていきます。すると、ますます重要な仕事を任されるようになり、責任感も増していくという好循環が生まれるのです。その一方で、重要な仕事を任せられない社員というのは、仕事が上手くいかないのは組織に問題があると思ってしまう傾向があります。このケースでは、組織のなかで自分が果たせる役割が何なのかをわからないまま仕事をしている可能性が高いです。このような社員への研修では、それぞれの社員の役割とやりたいことをしっかり認識させることが、任せられる後輩の育成につながるといえます。