社員研修で企業力アップ

社員研修を行なうことで生じるメリットとは

様々な企業で定期的に行われている社員研修ですが、研修を行なう事でどのような効果が期待できるのでしょうか。研修を行う事で期待できるメリットは主に3つ挙げられます。 1つ目は個人レベルの変化で、これはマナー研修などで社員一人ひとりのビジネスマナーが向上するなどの効果が期待できます。2つ目は関係性の変化で、コミュニケーション研修などで様々な人と関わりを持つ事で、上司と部下など職場の関係性に好影響を及ぼす効果が期待できます。最後に挙げられるのが組織風土の変化であり、研修を通じて社員に企業理念を浸透させる事により、よりよい組織づくりが期待できます。このように、定期的に研修を行い、様々なレベルの能力を高める事が、結果として企業としての基礎体力を高める事に繋がるのです。

研修の費用対効果はどのくらい?

実際に研修を通じて社員はどの程度のスキルアップが可能なのでしょうか。ある研究によれば、社会人が業務をする上で必要となるスキルの獲得には、仕事を通しての経験が7割、上司や先輩からの指導が2割、研修が1割程度必要と言われています。この数字を見て、研修を行なう意味が少ないように感じられた方も多いかもしれません。ですが、1年に数日ある研修により1割程度スキルアップが一人ひとりに見込めるとするならば、研修の費用対効果は極めて高いと言えるでしょう。高度情報化により、仕事に正確性のみならず、より効率性やスピードが求められる今の時代、個人のスキルアップ、それに伴う企業の成長には研修というものは極めて重要な役割を持っています。